引き続きちょこさんのこといろいろ

スポンサードリンク

きっとちょこさんは今頃まろんさんと久しぶりに再会して、
楽しい時間を過ごしていると思います。
こんな感じで・・・
IMG_0126
これは当店をオープンする前に自宅で撮った写真です。
ちょことまろんをもらってすぐで、慣れない場所で、
まろんが不安そうにニャーと言うと、ちょこはすぐに気にかけて
まろんの様子を伺いに走っていってました。
ちょこさんがリンパ腫だと言われた時に、まろんが寂しがってるのかなと思いました。
でも、まろんに、ごめんやけど、ちょこさんともう少し一緒にいさせてとお願いしていました。
今、まろんはまた一緒になれて喜んでると思います。
それから、ちょこさんが初めてリンパ腫と言われた時、まだ6歳で、
こんなにまだ若いのになぜ、という気持ちでいっぱいでした。
でも、それから1年半経ち、8歳を迎えることができました。
およそ8歳2か月でした。
亡くなる直前に病院でした血液検査の結果の表には「老猫用」と書かれていました。
一般的にはうれしくないことかもしれませんが、
わたしにとっては、老猫と言われるまで引っ張れたことがうれしかったです。
シニアと言われる年齢に達したことと、最後、スタッフみんなで
慣れた場所である店内で、見送れたことは、この悲しい状況の中で、
よかったと思えることです。
それから、ちょこさんのことについて、悲しみや思い出をみなさんと共有できることで、
わたしたちスタッフもずいぶんと気持ち的に救われております。
いただいたコメントを読んだり、お花などをいただいたり、店内でお話しすることで、
ちょこさんを愛してくださってたことを感じるのも、
本当に幸せなことですし、心の慰めになります。
お気遣い本当にありがとうございます。
ちなみに、ここ数日どうしても意識も話題もちょこさんに偏りがちですが、
他のにゃんこ達は変わらず元気にしておりますので
どうぞご心配なく!
ふと思ったのですが、ちょこさんが最後の時間を迎えてる時も、
亡くなった後も、他のにゃんこたちは無関心で、
悲しいけどしょうがないかと思ってたのですが、
もしかしたら、姿が変わるだけで、ちょこさんの魂はずっといるのに、
なんで人間はそんなに悲しむのかなぁと思ってるのかもしれませんね。

ちょこさんのこといろいろ

昨日の写真ではちょこさんのお顔がみえていなかったので
別の角度の写真をもう一度・・・
P1230186
P1230193
見てくださいこのきれいなお顔。
呼びかけたら顔をあげてにゃーと言ってくれそうです。
亡くなったコはもっとげっそりと痩せてそうなものですけど、
ちょこさんは点滴もしてましたし、急転直下で一気に悪くなったので、
きっと痩せる間もなく亡くなったから、体重もほとんど変わらずふっくらです。
最後まで美しいかわいいちょこさんでした。
今日、火葬に行って、お骨が帰ってきました。
P1230197
骨は他の犬や猫に比べてもきれいに残った方ですとおっしゃってました。
健康的な骨なだけに、もっと生きれただろうにと残念でした。
でももう入院もないので、これからずっと一緒です。
お花や電報などいただきまして、ありがとうございました。
明日5月28日(土)の営業は午後1時から午後7時まで(入店午後6時まで)
とさせていただきます。
2日間、緊張感や喪失感などで疲れた感もありますので、
少しオープンを遅らせていただきます。申し訳ございません。
あと、まだちょこさんのことから日が浅いので、
しばらくはわたしたちスタッフも明るく楽しい雰囲気ではなく
しんみりした雰囲気になってしまうかもしれません。
ご了承くださいませ。

ちょこさん亡くなりました

今日5月26日(木)、ちょこさんが亡くなりました。
つい先日まで全くそのような兆候がなかったので、
突然のことにわたし達もまだ実感がわきません。
DSC_9783
これまでの経緯としては、5月17日(火)に岐阜大学動物病院のCT検査で
鼻腔内リンパ腫が再発したとの診断で、
リンパ腫の進行は早いので早めの対処が必要とのことでした。
手段としては以前も書きました通り、抗がん剤しか残されてませんでした。
すぐに5月18日(水)と20日(金)の2回に分けて、京都の動物病院で
CHOPプロトコル1回目の抗がん剤治療をしました。
2014年冬に同じ抗がん剤治療をしましたが、一度吐いたのと、
少し食欲が落ちる程度の副作用でした。
20日以降、あんなにごはんが好きだったちょこさんが
全くごはんに興味をもたなくなりました。
でも元気はいつも通りでした。
抗がん剤の副作用であろうから、数日経てばましになると思っていました。
食べなくなって数日経って、さすがにこのままではよくないので
24日、病院へ点滴を打ってもらいにいきました。
次の日も点滴と、血液検査をしてもらいました。
抗がん剤の副作用である骨髄抑制が起きており、白血球が大幅に減っていました。
その他の項目は問題ありませんでした。
その日の午後くらいからぐったりし始めました。
26日朝、点滴を打ちにいきましたがぐったりしたままでした。
この間、何度か岐阜大学の腫瘍科の担当の先生ともご相談しておりましたが、
入院を勧められ、手元に置くか悩んだあげく、お昼に京都の動物病院への入院を決めました。
点滴をした時の状態よりさらに悪化しており、血液検査やレントゲンをしたところ、
軽い肺炎と胸水、腎不全など、すでに多臓器不全の状態と言われました。
入院しても回復する見込みはまずないとのことでしたので、
連れて帰ることを決意しました。
そして、その後6時間ほどがんばってくれましたが、
スタッフが見守る中、夕方に亡くなりました。
原因としては抗がん剤の副作用があるかもしれませんが、
通常ここまでひどい副作用が出ることはあまりないみたいなので、
他の要因もあるかもしれません。
抗がん剤をしなければこんなことにならなかったかもしれませんが、
再発したと言われてるのに、リンパ腫にはよく効くと言われる抗がん剤もしないまま
あきらめるということも到底できません。
何度同じ状況になったとしても、この選択しかなかったと思います。
ちょこさんが鼻腔内リンパ腫と初めて言われたのが、
ちょこさんが6歳7か月くらいだった2014年の10月。
治療なしなら、1,2か月の余命、治療しても半年ほどの余命と言われました。
それから、放射線治療6回、続けて抗がん剤治療1クールの4回、
そして年に数回のCT検査、再発した今年の2月にまた放射線治療4回。
放射線治療とCT検査はすべて全身麻酔なので、すべて合わせると
軽く10回以上の全身麻酔をしたことになります。
嫌だと暴れたことなど一度もありません。
本当によくがんばってくれました。満身創痍でリンパ腫と闘ってくれました。
リンパ腫と言われてから1年半以上も生きてくれました。
こうなったことは本当に残念ですけど、
これ以上がんばらなくてよくなってよかったのかもしれません。
抗がん剤治療をしていても、そのうちガンが抗がん剤に対する耐性を持ち始めて、
最後はガンに負けてしまうことが多いそうです。
そうなったら、ちょこさんは鼻のリンパ腫だから、鼻が腫れあがって、
眼球まで押されたり壊疽したりして、顔面崩壊になっていたかもしれません。
そうなる前だったので、ちょこさんの顔はかわいいお顔のままです。
眠っているようにしか見えません。
それはよかったかもしれません。
いつも最善の処置とアドバイスをくださった岐阜大学動物病院の先生、
そして京都中央動物病院の先生方には本当にお世話になりました。
先生方がいなかったら、ちょこさんはここまで長く生きられなかったと思います。
本当にありがとうございました。
そして、ちょこさんを気にかけてくださり、愛してくださった皆様、
本当にありがとうございました。
たくさんの愛に囲まれて幸せな猫生だったと心から思います。
ここまでたくさんの治療に耐えてきたちょこさんにどうか拍手を送ってあげてください。
そして、心の中にちょこさんを置いてあげてください。
本当にありがとうございました。
明日、社員さん限定で、5月27日(金)の午前10時から正午までの間、
ちょこさんとお会いできる機会を作らせていただきます。
申し訳ございませんが、社員さん限定とさせていただきます。
店頭に着かれましたら、鍵を開けますので当店にお電話してください。
急なことですが、ご都合が合いましたらぜひお越しくださいませ。

にこさんとちょこさんのご報告

諸事情により、来週5月21日(土)から、
土日祝日の営業を午後7時まで(入店午後6時まで)とさせていただきます

最近病院のご報告ばかりで申し訳ないのですが・・・
まず、実はにこさんは昨日、避妊手術を受けてきました。
子猫の時に体の事情で手術できなくて、そのままここまで来たのですが、
手術してしまった方が子宮がんの可能性もなくなりますし、乳がんのリスクも減るみたいなので、
思い切っていまさらながら手術をお願いしました。
術前検査も問題なく、無事手術も終わりました。
しばらくの間、ケージで療養生活となりますので、ご了承くださいませ。
P1230181
それから、ちょこさんは岐阜大学動物病院へまたCT検査を受けてきました。
鼻のリンパ腫が再々発しているとの結果でした。
今年2月に再発して、4回の放射線治療を受けたばかりなのに・・・
せめて1年くらいはまた再発しない状態が続いてくれるかと思っていたのですが、
あまりに早い再々発に信じられない気持ちでした。
これ以上の放射線治療は、鼻の骨が溶けるなど重大な副作用が生じる恐れがあるので
できないとのことで、抗がん剤治療をすることになりました。
明日からしばらくおよそ週に1回の予定で抗がん剤治療に入ります。
体調不良が起こった場合など、お休みする場合もありますので、ご了承くださいませ。
鼻の小さなガン細胞のために、全身の正常細胞まで傷つける抗がん剤治療は
極力やりたくなかったんですが、もうそれしか手段がありません。
ここから、ちょこさんの命をどれだけ引き延ばせるのか・・・
全くわかりませんけれど、もう前を向くしかありません。
先々のことは考えず、今できるベストを尽くすことだけに集中したいと思います。
ちなみに、目の表面の傷はもうないとのことでした。完全に治ったようでよかったです。
P1230088

ちょこさんのおめめとすももくんのおハゲについて

ちょこさんの左目の瞳孔だけ大きかった件について、
再び動物病院に行ってきました。
目の傷はよくなっては来てるようですが、
白内障も残ってはいるそうです。
瞳孔の大きさは左右ほぼ同じに戻っております。
まだ継続して目薬(目の傷を治すための目薬です)をさして
経過観察となりました。
それから、すももくんのおハゲでも再度動物病院に行きました。
おハゲの可能性として、カビやダニの可能性もあることから、
皮膚培養でそれを調べてもらうことになりました。
結果はまた後日です。
アレルギーの血液検査については、精度の点からあまり積極的ではないそうです。
(約6年前にもかさんのアレルギーの血液検査をしてもらった先生とは
また違う先生に診てもらっています。先生によって方針はいろいろなんですね)
猫のアレルギー研究はあまり進んでいないそうです。
おハゲの原因が完全に判明するというのは難しいのかもしれませんね。
P1230143
BlogPaint
ちょこさんの目の写真を撮ろうとしていたらカメラを意識してきた
すももくんでした(笑

ちょこさんの目につきまして(追記あり)

今日3日(火)はちょこさんを急遽病院へ連れていった関係で
急遽午後6時で閉店とさせていただきまして申し訳ありませんでした。
実はちょこさんの左目の瞳孔が右目に比べて常に少し大きくて
明るい場所でも左目の瞳孔が小さくなりきらないことに今日気が付いて、
症状から緑内障ではないかと思いまして、緑内障の場合は
早い対処が必要なことから急遽動物病院へ連れていくことにしました。
結論的には、眼圧は正常で緑内障ではなく、
白内障になっているとのことでした。
白内障で見えにくいことから瞳孔が大きくなっているのではないかとのことでした。
ちょこさんの鼻のリンパ腫も左の鼻であることから、
左目にも放射線が当たっている可能性が高いので、
白内障は放射線治療の影響である可能性が高いとのことでした。
そういう事例は多いそうです。
そういえば、一番初めに岐阜大学動物病院で放射線治療の説明を受けた時も、
副作用としてそんな説明を受けたような気がします。
(当時、リンパ腫と言われたことがショック過ぎて、命に関わらない副作用の説明なんて
 頭からすり抜けておりました)
また、目の表面に少し傷もあるそうです。
くしゃみと鼻水でちょいちょい左目や左の鼻のあたりをこすっていることをお話ししたら、
それが原因と考えられますとのことでした。
放射線治療の影響と、目の傷との両方で白内障になったのではないかとの
結論でした。(白内障は外傷からもなるようです)
内服薬と目薬で様子を見て、一過性のものかを確認するそうです。
一過性のものではない場合、ゆくゆくは左目が見えなくなるという可能性もありますが、
片目ですし、命に関わるものではないですし、ちょこさんの食べて寝るという生活には
大きな影響はなさそうなので(笑)、悲観はしていません。
先生もおっしゃっておられましたが、むしろこれくらいの病気でよかったです。
目をこすらないように、様子をみながら
しばらくエリザベスカラーをしようかなと思っております。
~追記~
病院から帰って飲み薬をのませて目薬をしたのですが、
それから一晩で左右の瞳孔の大きさが同じになりました!
(厳密に検査すればまだ違いはあるのかもしれませんが
 昨日のような明らかな違いはなくなりました)
まさか一晩で変わるとは思ってなかったので、
(むしろ、治ることはないかと思ってました)
あまりの即効性にびっくりしました。
元気食欲もありますので、どうぞご心配なく!

ちょこさんの様子

ちょこさんも足の指の間まで毛づくろいするみたいですね!
P1230073
ちょこさんの様子ですが、鼻水が出て、くしゃみをよくする以外は
いたって元気な様子のちょこさんです。
前回の放射線治療(2014年秋)の後は、ここまで鼻水やくしゃみが
出なかったことを考えると、やっぱり鼻の中の正常な細胞まで
だいぶんダメージを受けているということかもしれません。
(腫瘍がまだ残ってるから鼻水が出る、という可能性については考えたくないです。)
くしゃみで鼻水が飛んで、ちょこさんの毛がカピカピになっている場所が
結構ありますので、その部分はちょいちょいハサミでカットしてます。
ペット用のウェットティッシュでごしごしこすると嫌がりますし、
多少カットされても大丈夫なくらいちょこさんの毛はたっぷりありますからね!(笑
P1230058
ちなみになでしこさんは水を飲んだ後、
ほぼ毎回鼻の先に水滴がついてるんですが、自分で顔を洗ってとりません。
水がついてることに気づかないんでしょうかね?

ちょこさんの放射線治療

3月15日(火)、16日(水)はお休みします。
3月21日(月・祝)は11:00~18:00(最終入店は17:00)とさせていただきます。

ちょこさんの鼻のリンパ腫の再発で、
放射線治療を行っていたのが、4回全部終わりました。
(週に1回なので4週間かかりました)
先生のお話では、腫瘍はほぼ消えていて、
放射線治療の効果としては順当なものだそうです。
これで治療は終了です。
また2か月後にCT検査で岐阜大学に行く予定です。
また再発しないことを祈るばかりです。
それから、放射線治療の影響で、鼻の中が炎症を起こしているらしく、
くしゃみと鼻水がよく出ます。
くしゃみをすると鼻水が飛び出ますので、ご注意くださいませ。
BlogPaint
パーキングエリアで休憩中、興味津々なちょこさんです。
放射線治療の副作用としてはくしゃみをするだけで
食欲もありますし元気です!

ちょこさん検診の結果

昨日、ちょこさんのCT検査のためにまた岐阜大学動物病院へ行ってきました。
また鼻に腫瘍らしきものができていて、
そのまま放射線治療に入っていただきました。
2014年秋に鼻腔内リンパ腫が見つかって、
放射線治療と抗がん剤治療を行って、治療が終わって1年間は
再発が全くない、いい状態を保ってきたのですが、
約1年でついに再発してしまいました。
癌って本当にゾンビみたいですね・・・
放射線治療で癌細胞が見えなくなって、
それでも念のための抗がん剤治療まで行って、
徹底的にやっつけたつもりだったのに
また出てきてしまったことが本当にショックです。
今のちょこさんの年齢だと、1年は、人間にとっては約4年にあたるようですので、
人間でいうと4年ほど再発しなかったイメージかもしれませんが、
このままずっと再発しないようにと祈ってたのですが・・・
これからあと3回、岐阜大学に放射線治療に通うことになりました。
定期的に検査しているおかげで、まだ腫瘍が小さい段階で見つかりましたし、
抗がん剤治療までは今のところいらないと思うとの先生のご意見でしたので、
この放射線治療で今回は終わる予定です。
ただ、万が一この後また再発した場合は、もう放射線治療はできないそうです。
同じ部分に当てられる放射線の量は限られているからだそうです。
放射線は決して体にいいものではなく、要は被曝させているんですもんね。
ちょこさんの場合は、もう今回ので鼻にあてられる限界の量まで被曝させることになるそうです。
とにかく、自分がやるべきことは、先のことを考えて不安になるのではなく、
先生と相談しながらベストだと思う治療を選択していくことと、
一緒にいられる時間を大切にすることだと意識しようと思っています。
ちょこさん本人は病院へ行く前から再発しているとは思えないほど元気でしたし、今も元気です。
体重はちょこさん史上最高の4.3キロでした。
去年の抗がん剤治療の時に一気に体重が落ちてから、1キロ近くも戻しました。
今の元気なちょこさんと過ごせる時間を大切にしたいと思います。
DSC01298

ちょこさんの検査結果

昨日、ちょこさんのCT検査のためにまた岐阜大学動物病院へ行ってきました。
前回8月にCT検査してもらった時に、腎臓のリンパ節が少し腫れているように見えるので
様子を見るため2か月後にまた来てくださいと言われていたためです。
そして今回見てもらったところ、腫れが大きくなっているようなことはなく、
腫瘍ではないでしょうとのことでした。
もうひとつ、2週間ほど前からくしゃみと鼻水が出ていたので、
そのことを先生にお伝えしたのですが、CT検査で見てもらったところ、
鼻の中にあるのは鼻水だけで腫瘍は見当たらないとのことでした。
人間でいうところの副鼻腔炎のようなものでしょうとのことでした。
去年の放射線治療で癌細胞をやっつけましたが、
正常な細胞もダメージを受けているのでその影響でしょうかね~
再発ではなさそうで本当にほっとしました!
8月の検査の時は再発かとドキドキしましたが、今年の1月に抗がん剤治療を終わった後は、
再発はしていない状態ですね。本当によかったです!
次回のCT検査はまた通常のスパンである3,4か月後でいいですとのことでしたので、
次回はまた年が明けてから行く予定です。
P1220543
それから、当店が台湾で出版されている京都のガイドブックに掲載されました!
CSC_8275-1
作者のMarserさんは当店のお客さんで(日本人の方です)
その方が書かれたものが翻訳されて台湾で出版されたものです。
(残念ながら日本語版は発売されておりません。)
実は私も寄稿しております。
店内に置いてありますので、よかったらご覧くださいね!
本のホームページはこちらです。