動物(猫)の労働意欲

雑誌「COURRIER JAPON」におもしろい記事が載っていましたので
ご紹介したいと思いますー
動物心理学者の人が、動物の労働意欲について、実験で調べたそうです。
その実験とは、シロネズミを檻に入れ、檻の中にコップにエサを入れたものと、
レバーを動かすとエサが出てくるものとを置く、というものだそうです。
つまり、何もしないでも食べられるエサと、レバーを動かすという労働を必要とするエサの
両方を置き、どちらを食べるかを実験したものです。
すると、ほぼすべてのシロネズミがレバーを動かしてエサを取ったそうです。
そして、これは魚や鳥、猿、チンパンジーなどの動物も同じ行動をしたそうです。
つまり、動物とは本能的に労働を好む、という結論だそうです。
ただ、猫だけは例外だったそうです。
どおりで、こんなだらだらなはずです(笑
BlogPaint

動物(猫)の労働意欲” への4件のフィードバック

  1. では、人間はどっちかな?
    案外、猫と同じことしそうな。
    だから猫を可愛がりましょう、て強引・・・・

  2. いやいや、ねこ会議さんの子たちは、違う意味でフルタイム労働してるじゃないですか(笑
    人スタッフが帰った後に、暗闇の中でチクチクとコースターを縫っていたとかいないとか…。(残業?

  3. hiro.さん
    > いやいや、ねこ会議さんの子たちは、違う意味でフルタイム労働してるじゃないですか(笑
    > 人スタッフが帰った後に、暗闇の中でチクチクとコースターを縫っていたとかいないとか…。(残業?
    そうだったら世界中のテレビに出られそうですね~(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です