にこさんの様子

最近のにこさんの様子ですが、食べることは食べますが、以前に比べると
やっぱり量はあまり食べません。
でも、水は大量に飲みます。
たぶん、腫瘍からの浸出液の量が半端じゃないので、
体から水分が大量に抜けるからだろうと思われます。
体重は、先日はかったところ、2.1kgでした。
去年の今頃がにこさん史上最高体重で、3.3kgでしたので、
割合的には、体重66kgだった人が42kgになったような感じです。
だいぶん激やせですね・・・
今年の夏ごろまでは3kgくらいを維持してたのですが、
ここ1~2か月くらいで急激に痩せてきました。
もともとスマートなにこさんですが、本当に骨と皮だけの感じです。
腫瘍は壊死と再生を繰り返しているような感じです。
肉(ガン細胞)が、壊死して白くなり、その部分が消えて穴があき、
また肉(ガン細胞)が穴の部分を埋めます。
あと、以前から右後ろ足が動きにくそうで、びっこをひいていましたが、
ひきずるように歩くようになりました。
そして、筋肉がほとんどなく骨と皮だけのようだった足が、
右後ろ足だけ、むくんできました。
腫瘍がそけい部のリンパの流れをせき止め、足がむくんでくると
書いているブログを見たことがありましたが、同じ状況になってきました。
対処としてはマッサージくらいしかないようです。
よくなることはありませんので、暗いお話ばかりで申し訳ないです。

寝ている写真だと、すごくしんどそうに見えますが、
走りはできませんが、歩いて自分で水を飲みにいったり
トイレに行ったりは問題なくできます。
ただ、無駄な動きはあまりせず、最低限しか動かない感じです。

 

スポンサードリンク

 

 

にこさんの様子” への9件のフィードバック

  1. にこさんも、だんだん、弱ってきた感じですね。実際に会うと、まだまだ、大丈夫そうなんですけど。もう、最期は、老衰みたいに、食べなくなって、自然に、眠るように、ちょこさん達に、会いに行ってくれたら、いいなと思います。あんまり、しんどそうなのは、可哀想だし。やっぱり、寂しいけど…。

    1. ちはるさん

      そうなんですよね、服を着ていると体のラインもわかりにくいですしね・・・
      本当に、人間も動物も、最期は眠るようにというのが一番理想ですよね。
      どうしても寂しさはしばらく残りますけどね・・・

  2. こんにちは。
    にこさん、苦しみもなさそうで、ガンはありますが、穏やかに緩やかに、変な言い方ですが、理想な進み方ですね。
    家猫も、そんな風に過ごしてくれたらと思いますが。。
    天使になるには身を軽くしてと書かれていたブログがありました。家猫も痩せて来ていますよ。。太れなくなりました。
    にこさん、長生きしなくても、良い人に巡り会い、幸せな時間があり、幸福感は一杯でしょうね。幸せなにゃんこです。

    1. リリーさん

      確かに、ある意味理想なのかもしれませんね~
      腫瘍があるかないかの違いだけで、もしかすると老衰に近いような過程かもしれませんね。
      「天使になるには身を軽くして」なるほど!ですね。それが一番なんでしょうね。
      リリーさんの猫さんも、痩せてきましたか・・・
      そうなってくると、人間の側も覚悟しますよね・・・
      おっしゃる通り、幸せを感じてくれていたら、うれしいことですね。
      そうおっしゃってくださって、ありがとうございますm(_ _)m

      1. こんにちは。
        何度も同じ事ばかりすいません。
        アンサーの注射は、実際どうなのでしょう。。。
        家猫は私にしか懐いていないので、注射を一人でしていますが、三回に一回は漏れたり動いたり、痩せてつまむ皮膚も少なく、猫にも嫌な思いをさせています。
        効くのならがんばりますが、針を刺すのは、1年位しても、嫌ですね。。。
        本音は。やめたいですが。。お薬も混ぜてあるごはんは、嫌そうです。。。
        しかし、やめる勇気もなく、、落ち込みます。。。
        何か気がついた事などありましたら教えてくださいませ。
        よろしくお願い致します。

        1. リリーさん

          「乳腺腫瘍が発覚した時から、もしアンサーの注射をしていなかったら今ごろどうだったか」とを比較できないので難しいところなんですが、今でアンサー注射をやめて約1か月くらいなのですが、急激になにかが変化したというのはないですね・・・
          痩せてつまむ皮膚も少ないのはよくわかります。にこも今そんな感じです・・・
          ただ、やめられないなら無理してやめる必要もないのかなと思います。
          やめた場合、やめなかった場合、どちらが後悔が少なそうかで判断するのはどうでしょうか。
          もちろん、どの道を選んでも後悔はきっとあると思いますが、どちらがまだましかで・・・
          ご参考になれば幸いです。

          1. アドバイスありがとうございます。
            実際は、6割位しか打てていませんけれど。。
            何となくですが、サプリと注射は気休めなのかな。。。
            と思います。
            フードのが体調が変わるような気がしていますが、、。
            一週間後でもやめてみようかとかも思いますが。。。
            人間の判断しかないのですが、どちらがましなのかも手術を迷ったときと同じで、わからないのですよね。
            猫のことは猫しかわかりませんよね。。。
            すいません、答の無いことを聞いてしまいました汗

  3. にこさんは
    癌が原因と言うよりは
    老衰に近いのかもですね。

    うちのこは、こないだ
    大量出血して病院にいき
    元気になったと安堵した
    翌日毛玉を吐いたら呼吸困難に
    陥り一時間ほど、しんどそうでした。今日も、少し苦しくなってしまって、、消毒の時気を使います。
    うちのこも、眠るように
    いってほしいです。
    それだけが願いです。

    1. そらいろさん

      そうでしたか・・・大量出血に呼吸困難とは、厳しい状況ですね・・・
      本当に、苦しみが少ないように、願うばかりですよね。
      かといって、安楽死を決断するのも勇気がいりますし、
      自然に眠るように、そうなってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です