ありがとうございます

にこさんに会いに来てくださったみなさま、ありがとうございます。
さらに、にこさんにお花やおやつをいただきましてありがとうございます。

にこさんは心の中に、みなさんにおやつをもらったこと、
お尻をペチペチしてもらったこと、お膝に乗せてもらったこと、
病気になってからは、心配そうに様子を見てくださったこと、
たくさんの思い出を抱えて、幸せに
虹の橋を渡ったことだと思います。
本当にありがとうございます。
しばらくはケージの中にいますので、ご来店の際は
にこさんに会っていただけるとうれしいです。

スポンサードリンク

 

にこさんのお骨

にこさんのお骨ですが、前回のちょこさんの時と同じように、
他のにゃんこにいたずらされないよう、ケージの中にいます。
ご来店の際に、会っていただけたらうれしいです。

にこさんについて、たくさんのコメントありがとうございます。
にこさんがいかに愛されてたいたかを感じられて、
やっぱりにこさんは幸せなにゃんこだと改めて感じられて、
本当にうれしかったです。ありがとうございます。

今回は、先に覚悟を決めていたこともあって、悲しいというより
今までよくがんばってくれてありがとう、
かわいい姿をたくさん見せてくれてありがとう、
という気持ちの方が強いです。
それに、なるべく苦しい時間は少なく、
そして亡くなる瞬間は側にいてあげたいと思っていたので、
その両方が叶ってよかったという気持ちが強いです。
乳腺腫瘍が発覚してからの1年半、
ニャーのひとことでいろんなごはんをあげ、高い所に登らせてあげ、
ひなたぼっこさせてあげ、おなかやお尻をきれいにして、
足をマッサージして、過保護に下僕をやってきましたので、
こうしてあげたかったと思い残すこともありません。
それでも、亡くなった当日は、私の神経が緊張状態だったのか、
ずっと頭痛と吐き気がひどかったですが、やっと体調も落ち着きました。

お膝に乗っていたにこさん、おやつを必死でもらっていたにこさん、
機敏に走り回っていたにこさん、他のコに猫パンチしていたにこさん、
りんごさんが大好きでストーカーして怒られていたにこさん、
いろんな姿が心に残っています。
みなさんの心の中にも生きてくれていたら、本当にうれしいことです。
可愛がってくださって本当にありがとうございました。

スポンサードリンク

 

にこさん亡くなりました

今日の午前中、にこさんが亡くなりました。
昨日、好物も残したりしましたが、しんどそうな様子はなかったのですが、
今日の朝出勤してきたときには、すでに様子がおかしく、
私たちスタッフが見守る中、亡くなりました。
苦しい期間は短かったと思いますし、
最期は見守ることができてよかったです。

乳腺腫瘍で余命1~2か月と言われてから、1年半がんばってくれました。
10歳を超えることもできました。
結局肺転移はしていなかったのか、最後の最後まで
呼吸がおかしいことはありませんでしたし、
昨日までごはんも食べ、水も飲み、トイレも自分で行き、
なでたらゴロゴロとご機嫌でしたし、大往生だと思います。
あちらには、まろん先輩、ちょこ先輩もいますし、
安心して任せられます。

ちゅーるは全種類食べましたし、市販されている缶詰などの
ウェット系のごはんはすべて食べたんじゃないかと思うくらい、
毎日違う味のごはんを食べ、わがまま贅沢放題(笑)、
幸せな猫生だったと思います。

にこさんのことを気にかけてくださったみなさま、
かわいがってくださったみなさま、本当にありがとうございました。
にこさんはたくさんの愛に囲まれて幸せだったと思います。
本当にありがとうございました。

明日は定休日となりますので、水曜日から通常営業となります。
水曜日にはお骨となってみなさまとお会いできると思います。

スポンサードリンク