すももくんのおハゲとおすすめ本

すももくんのおハゲについて、カビが原因ではないかの検査を
病院でしていただいていたのですが、結果は、陰性でカビではないとのことでした。
やっぱりアレルギーが原因の可能性が高いそうです。
CSC_9906
対処としては、病院に処方されたスプレーの塗り薬(今使っています)と、
服を着せるという方法で適切だと先生もおっしゃっておられたので、
やっぱりしばらくすももくんは服生活ですね。
ちょこさんがリンパ腫になってから、リンパ腫について、ガンについて、
本とネットでかなり勉強しましたので、せっかくなのでその中での
おすすめの本をご紹介したいと思います。
まずは、「ペットががんになった時」という本です。

初歩的な用語から、様々な治療法のメリットやデメリットの紹介、
代替医療や安楽死のことまで書いてあります。
実際にペットががんになった方たちの経験談もあります。
このあたりは涙なしでは読めません。
がんと言われて、今後どうするか、知識がないと判断できないと思いますので、
そのような知識を体系的に入れるためによい本だと思います。
この中でも、もちろんリンパ腫には抗がん剤がよく効くとかかれていますが、
私共の方針としては、今後誰かがリンパ腫になったとしても、抗がん剤はもうやらないつもりです。
効く可能性が高いこと、そしてちょこさんのような重篤な副作用が出る可能性は低いことは
よくわかってはいますが、もうトラウマになった部分もありますし、
どちらにしろ、いずれガンは抗がん剤に対する耐性を持って効かなくなる日がきます。
抗がん剤という毒で力でねじ伏せようとするのは限界がある気がします。
そこで、漢方やサプリメント、食事療法、他にはオゾン療法や高濃度ビタミンC療法など、
いわゆる代替医療とか、自然療法とかいうものにするつもりです。
これらは患者本人ならぬ本猫の免疫力を上げて対処しようとするもので、
抗がん剤のように自分も弱りながらガンも弱らせようとするものではありません。
もちろん、医学的に効果があると証明されてはいませんが、
それでも正常な臓器まで弱らせる抗がん剤よりはマシという考えです。
実は、ちょこさんが抗がん剤の副作用で数日食べれず点滴をしたあたりから、
もう抗がん剤はたくさんだと思って、抗がん剤を1回でお断りして、
これらの代替療法に切り替えるつもりでした。
実際、代替療法をされている所にも連絡済みだったのですが、
お世話になる前に亡くなってしまいましたが・・・
代替療法については、今まで半信半疑だったので、ちょこさんにも抗がん剤という
選択肢を選んだのですが、こんなことになった今は、
もう代替療法一本で行くという決心がつきました。
脱線が長くなってしまいましたが、食事療法などについて詳しく書いてあるのが
こちらの本です

ただ、これは人間向けなんですよね。
にゃんこにどれだけ応用できるかは未知数なんですが・・・
でも、これは人間のガン予防としてもとても役に立ちますし、
一般的に健康であるためにも役立つと思います。
読み物としても興味深いのでおすすめです。

すももくんのおハゲとおすすめ本” への4件のフィードバック

  1. スプレー式の薬ですか!ハイカラですね(笑)もかさんも可愛いのいつもの着てるので、すももくんのも、評判になりそうですね。
    抗ガン剤に代わるサプリメントとか出てますよね。ちょこさんは、最初の時の抗ガン剤が副作用少なく、食欲体重あまり変化なさそうだったので、今回も、大丈夫だと思ってたんですけど…。全身麻酔や放射線のダメージの蓄積とかで、内臓が少し元気なかったところにまた抗ガン剤で、しんどかったのかな~。ごめんね、ちょこさん。

  2. ちはるさん
    そうなんですよースプレー式があるんですよ。
    すももくんの服も種類が増えてきましたよ(笑
    そうなんですよね、最初の抗がん剤の副作用は大したことなかったですし、
    体重も前より増えてたので、今回も当然大丈夫だろうと信じこんでましたね・・・
    やっぱり見た目や血液検査の数値などには出てこなくても、ダメージは蓄積してたのかもしれませんよね。
    治そうと思ったつもりがより悪くさせる結果になってしまって、ちょこさんには謝るしかないです。

  3. 熊太郎さん
    アレルギーは人間でもそうですが、なかなか治らないので厄介ですね~
    体重を測っていないので厳密にはわかりませんが、見た目は全く変わってないので
    たぶん写真の写り方で細く見えてるだけだと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です