当店の猫に好かれるコツにつきまして

(この記事はブログトップに固定しています)

当店は中学生未満の方はご入店していただけません。
保護者同伴の場合でもご入店できません。

当店の猫たちはみんな、尻尾の付け根のあたり(お尻のあたり)を
ポンポンと叩いてもらうのが好きです。
顔やあごの下を撫でられるのは好きではなく、
顔を触ると逃げることが多いです。
こういうと驚かれることもありますが、騙されたと思って、顔を触らず
こういう感じで尻尾の付け根のあたりを叩いてあげてください。
DSC_0582
そうすると、 “当店の猫に好かれるコツにつきまして” の続きを読む

ありがとうございます

にこさんに会いに来てくださったみなさま、ありがとうございます。
さらに、にこさんにお花やおやつをいただきましてありがとうございます。

にこさんは心の中に、みなさんにおやつをもらったこと、
お尻をペチペチしてもらったこと、お膝に乗せてもらったこと、
病気になってからは、心配そうに様子を見てくださったこと、
たくさんの思い出を抱えて、幸せに
虹の橋を渡ったことだと思います。
本当にありがとうございます。
しばらくはケージの中にいますので、ご来店の際は
にこさんに会っていただけるとうれしいです。

スポンサードリンク

 

にこさんのお骨

にこさんのお骨ですが、前回のちょこさんの時と同じように、
他のにゃんこにいたずらされないよう、ケージの中にいます。
ご来店の際に、会っていただけたらうれしいです。

にこさんについて、たくさんのコメントありがとうございます。
にこさんがいかに愛されてたいたかを感じられて、
やっぱりにこさんは幸せなにゃんこだと改めて感じられて、
本当にうれしかったです。ありがとうございます。

今回は、先に覚悟を決めていたこともあって、悲しいというより
今までよくがんばってくれてありがとう、
かわいい姿をたくさん見せてくれてありがとう、
という気持ちの方が強いです。
それに、なるべく苦しい時間は少なく、
そして亡くなる瞬間は側にいてあげたいと思っていたので、
その両方が叶ってよかったという気持ちが強いです。
乳腺腫瘍が発覚してからの1年半、
ニャーのひとことでいろんなごはんをあげ、高い所に登らせてあげ、
ひなたぼっこさせてあげ、おなかやお尻をきれいにして、
足をマッサージして、過保護に下僕をやってきましたので、
こうしてあげたかったと思い残すこともありません。
それでも、亡くなった当日は、私の神経が緊張状態だったのか、
ずっと頭痛と吐き気がひどかったですが、やっと体調も落ち着きました。

お膝に乗っていたにこさん、おやつを必死でもらっていたにこさん、
機敏に走り回っていたにこさん、他のコに猫パンチしていたにこさん、
りんごさんが大好きでストーカーして怒られていたにこさん、
いろんな姿が心に残っています。
みなさんの心の中にも生きてくれていたら、本当にうれしいことです。
可愛がってくださって本当にありがとうございました。

スポンサードリンク

 

にこさん亡くなりました

今日の午前中、にこさんが亡くなりました。
昨日、好物も残したりしましたが、しんどそうな様子はなかったのですが、
今日の朝出勤してきたときには、すでに様子がおかしく、
私たちスタッフが見守る中、亡くなりました。
苦しい期間は短かったと思いますし、
最期は見守ることができてよかったです。

乳腺腫瘍で余命1~2か月と言われてから、1年半がんばってくれました。
10歳を超えることもできました。
結局肺転移はしていなかったのか、最後の最後まで
呼吸がおかしいことはありませんでしたし、
昨日までごはんも食べ、水も飲み、トイレも自分で行き、
なでたらゴロゴロとご機嫌でしたし、大往生だと思います。
あちらには、まろん先輩、ちょこ先輩もいますし、
安心して任せられます。

ちゅーるは全種類食べましたし、市販されている缶詰などの
ウェット系のごはんはすべて食べたんじゃないかと思うくらい、
毎日違う味のごはんを食べ、わがまま贅沢放題(笑)、
幸せな猫生だったと思います。

にこさんのことを気にかけてくださったみなさま、
かわいがってくださったみなさま、本当にありがとうございました。
にこさんはたくさんの愛に囲まれて幸せだったと思います。
本当にありがとうございました。

明日は定休日となりますので、水曜日から通常営業となります。
水曜日にはお骨となってみなさまとお会いできると思います。

スポンサードリンク

 

ゆずくん爪をわりました

12月31日(月)、1月1日(火)、1月2日(水)は、お休みとさせていただきます。
それ以外の日は、通常通りの営業時間となります。

 

ゆずくんが左前足の爪をわりまして、エリザベスカラーをしております。

他のコは爪をわることがあっても過去一度くらいなのに、
ゆずくんの爪が弱いのか、動きが鈍くさいからかわかりませんが、
ゆずくんだけ数年に一度、忘れた頃に爪をわります・・・
しばらくの間、エリザベスカラーか、服かなんらかを着ることになります。
もう血はとまっていますが、何らかの拍子に再び出血する
可能性はありますので、ご了承くださいませ。

スポンサードリンク

 

にこさんの様子

最近のにこさんの様子ですが、食べることは食べますが、以前に比べると
やっぱり量はあまり食べません。
でも、水は大量に飲みます。
たぶん、腫瘍からの浸出液の量が半端じゃないので、
体から水分が大量に抜けるからだろうと思われます。
体重は、先日はかったところ、2.1kgでした。
去年の今頃がにこさん史上最高体重で、3.3kgでしたので、
割合的には、体重66kgだった人が42kgになったような感じです。
だいぶん激やせですね・・・
今年の夏ごろまでは3kgくらいを維持してたのですが、
ここ1~2か月くらいで急激に痩せてきました。
もともとスマートなにこさんですが、本当に骨と皮だけの感じです。
腫瘍は壊死と再生を繰り返しているような感じです。
肉(ガン細胞)が、壊死して白くなり、その部分が消えて穴があき、
また肉(ガン細胞)が穴の部分を埋めます。
あと、以前から右後ろ足が動きにくそうで、びっこをひいていましたが、
ひきずるように歩くようになりました。
そして、筋肉がほとんどなく骨と皮だけのようだった足が、
右後ろ足だけ、むくんできました。
腫瘍がそけい部のリンパの流れをせき止め、足がむくんでくると
書いているブログを見たことがありましたが、同じ状況になってきました。
対処としてはマッサージくらいしかないようです。
よくなることはありませんので、暗いお話ばかりで申し訳ないです。

寝ている写真だと、すごくしんどそうに見えますが、
走りはできませんが、歩いて自分で水を飲みにいったり
トイレに行ったりは問題なくできます。
ただ、無駄な動きはあまりせず、最低限しか動かない感じです。

 

スポンサードリンク

 

 

にこさんの様子

にこさんですが、食も細ってきまして、じっとしている時間が長くなってきました。
腫瘍は、大きくなるだけでなく、大きくなりすぎて壊死するようになり、
膿みの匂いがするようになってきました。
これは消毒液でもどうにもなりません。
腫瘍にカビのような感じで白くつく壊死した部分を取り除いて
清潔にする方がいいようなので、綿棒で取り除いていますが、
出血することも多く、
また、腫瘍内部の奥深い部分にも壊死の部分がありますので、
すべてを取りきるわけにはなかなかいきません。
そのため、にこさんのおうちの中は膿みの匂いが多少します。
ご了承くださいませ。

体の他の部分も外から触ってもしこりがたくさんあるのがわかりますし、
明らかに食欲は細ってますし、骨が目立つくらい痩せてきていますし、
いつ危篤になってもおかしくない状況になってきました。
たぶん、あと数か月も厳しいのではないかと思います。
余命1~2か月と言われてから1年5か月もがんばってくれてますので、
これ以上無理にがんばってほしいとは思っていません。
なるべく快適に、そして食べたいときは食べてもらって、
あとは自然に任せたいと思っています。
いい話ではありませんが、みなさまにご報告だけさせていただきます。

カウンターにも自分でジャンプすることはできませんので、
営業時間前に乗せてあげてひなたぼっこさせてあげています。

 

スポンサードリンク

 

ブログにつきまして

こちらのブログですが、臨時休業や年末年始などのイレギュラーな営業になる場合は
こちらにお知らせいたします。
また、猫たちがケガをしたとか、病気になったということがあれば、
その詳細はこちらに書きますので、その点はどうぞご安心くださいませ。
フェイスブックには、かわいい写真や、おもしろ写真は掲載しますが、
長文で病気の説明などをするのにはスペース的にも向いてないと思いますし、
医学的な文章を英語で書く英語力もありませんもので・・・(笑
「猫が亡くなったらホームページから削除して終わり」みたいなことは
今までも決してしておりませんし、これからもするつもりは全くありませんので
どうぞご安心くださいませ。

スポンサードリンク